診療内容|ボディケア

メソセラピー(脂肪融解注射)

メソセラピー(脂肪融解注射)とはフランスで50年以上前から行われている少量ずつ薬液を注射器などで治療部位に直接注入する治療法で、フランスのDr.Michel Pistorにより行われたのが最初です。
もともとはペインコントロール(痛みの治療)として始まったものですが、現在は、色々な領域に応用されてきており、また目的や部位により、さまざまな薬が使用されています。フランスには約15,000人のメソセラピストがおり、世界的には19カ国で認められた治療法です。

短時間
気になる部分に注射をするだけですので、施術時間は5分程度の短時間で済みます。
仕事の帰りの施術も可能で、当日より通常の日常生活ができます
きれいな仕上がり
極細針を用いた注射療法ですので、まったく傷も残らず、肌の表面が凸凹になることもありません。
セルライトへの効果
さまざまなダイエット法でも改善が難しかったセルライトにも、直接注入することにより改善効果が上がります。
リバウンドの効果解消
食事によるダイエットと異なり、不必要な皮下脂肪を取り除く治療なので、健康的な食生活と適度な運動を行っている限り、リバウンドの心配がありません。
循環の改善
全身に負担をかける過剰な脂肪(メタボリック症候群の原因のひとつ)を減少させることにより、体内の循環やリンパの流れをスムーズすることができます。
脂肪吸引の修正
メソセラピー(脂肪融解注射)の導入以前は、脂肪吸引の修正は難しいものでした。
他院での脂肪吸引後に生じた凹凸が気になる場合も、メソセラピー(脂肪融解注射)により修正することが可能になりました。
凹凸の原因は、脂肪を多く吸引した部分と、取り残した部分とが混在し、むらになっていることなので、 取り残しがある部分にメソセラピー(脂肪融解注射)を行うことにより改善されます。

施術内容

当院では

  1. ボディデザイン(部分やせ・セルライト除去)
  2. 肌の若返り
  3. 薄毛治療にメソセラピー(脂肪融解注射)を行っています

施術は約5分程度で、1〜2週間ほどの間隔で注射が必要ですが、平均して2〜3回ほどで効果が実感できます。 副作用はきわめてまれですが、アレルギーの可能性はあります。これは、どんな薬についても言えることで、この治療に特有なものではなく、肌に合わない、かゆみ等のアレルギー反応の可能性はあり得ます。万一アレルギー反応で軽いかゆみや発赤を生じたとしても、吸収されるとともに改善していきます。
※肥満相談・治療には保険が適応される場合もありますので、ご相談下さい。

ダイエット(メソセラピー)料金ページへ

美容サロン Felice

皮膚科で行うメディカルエステティック

診療内容

スキンケア・肌

顔・フェイシャル

ボディケア

外科・日帰り手術

育毛メソセラピー