診療内容|外科・日帰り手術(保険適応あり)

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、瞼(まぶた)が開きにくくなる病気です。目の奥が重く感じたり、重症になるとものが見えにくくなったりします。また瞼が下がってくるので、目元の雰囲気がきつくなるといった美容面の問題もあります。瞼を持ち上げる腱膜と瞼板が離れてしまうために起こる病気ですが、眼瞼下垂が原因で頭痛や肩こり、不眠症など様々な自律神経失調が起こることもあるので、疑わしい場合には診察をおすすめします。

考えられる原因

加齢や老化で皮膚が緩み、瞼が垂れ下がることがありますが、年齢に関係なく、長年のコンタクトレンズの使用で炎症が起きたり、花粉症やアトピーの痒みから目をこすったり、アイメイクを落とすために目を強く圧迫することも、腱膜と瞼板の剥離につながりますので注意が必要です。

手術内容について

治療は瞼を切開・縫合する手術を行います。1時間程度で終わり、数日腫れが残ることもありますが日常生活に支障はなく、当日から事務仕事を行うことも可能です。 当クリニックとは見た目も考慮しながら、改元機能や自律神経症状の根本原因となる筋機能を回復する手術を行います。症状の程度や瞼の状態により、数ミリ単位の小切開が適応できる場合もあり、傷はほぼ残りませんのでご安心ください。

保険適用の場合、3割負担の方の自己負担額は5万円弱です。1割負担の方は、1万6千円程度です(ともに両眼)。
より美容的な若返り効果、目元のしわの改善も希望される方は、さらに高度の治療が可能です(自費診療となります)。

こんな人は注意しましょう

  • 目をよくこするクセがある
  • まぶたが重く感じる
  • パソコンを使う時間が長い
  • 長時間コンタクトレンズ(ハード)を使っている
  • 額のシワが多い・深い
  • 眼精疲労が強い

こんな症状に要注意

  • まぶたが重く感じる
  • 肩こりや頭痛がある
  • 目の周りや奥に、重み・痛みなどの不快感がある
  • 左右の目の大きさが違ってきた
  • 前よりも目が小さくなった
  • まぶたの上が窪んできた
  • 一重まぶたが二重、三重になった
  • 二重の幅が広くなった
  • あごを上げて物を見るくせがある

当てはまる項目が多いほど眼瞼下垂の可能性があります。疑わしい場合は早めに診察を受けましょう。

外科日帰り手術料金ページへ

美容サロン Felice

皮膚科で行うメディカルエステティック

診療内容

スキンケア・肌

顔・フェイシャル

ボディケア

外科・日帰り手術

育毛メソセラピー